活動ご報告

活動ご報告 · 2019/11/05
11月3日(日)「深刻な」人手不足と聞き、仙台駅東口発着のバスツアー(参加費:1,000円)に参加しました。宮城明泉学園さんのスクールバス3台で7時30分に出発、高速道路経由で約1時間半、丸森町に入った途端に自衛隊の車両と隊員さんが作業をされており、改めて災害現場だと実感しました。町役場前のグラウンドには水害で使えなくなった家電や家具、ごみ袋が高く積まれていました。台風19号の後、まわり一面は海のようだったそうです。 ボランティアセンターでトイレ休憩のあと、丸森町中島地区に向かいました。バスから降りると、破壊された家屋や土砂に埋もれた車、流木があちこちにあり、ひどい惨状でした。私は5人チームに加わり、スコップで庭木に押し寄せた1m近い土砂の掻き出しをしました。慣れない作業に汗がしたたり落ちます。集めた土砂を工務店さんが重機で移動して、敷地内はキレイになりました。 私のチームのリーダーは、同年代の男性だったのですが、何と滋賀から来て活動3日目、知らない土地(仙台)に一人で宿をとって3日間丸森町に通われたとのこと。本当に頭が下がる思いがしました。同じチームには高校2年の女子2人組もいて、びっくりしました。