会長便り

会長便り · 2022/05/27
江戸末期、越後の国、今の新潟県に良寛という和尚さんがおられました。 寺泊の庄屋の長男として生まれましたが家は継がず18才で出家し、厳しい修行を行い 34才で諸国修行の旅に出ました。 その後越後に帰り、国上の五合庵で晩年を過ごしました。 子供と遊び、無一物で自然の中で自由に生きた74才の生涯でした。...
会長便り · 2021/11/24
先日、BSこころの歌で月の砂漠が歌われていました。 小学校の二年生の頃、田舎の小さな学校でしたので校長先生から 音楽の授業を受けたことがありました。 その時、習った歌が月の砂漠でした。  月の砂漠をはるばると  旅のラクダがゆきました  金と銀とのくらおいて  二つならんでゆきました 校長先生から直接教えて頂いた事と、ようやく自分自身を...
会長便り · 2021/09/24
先日、最後の喜劇役者として伊東四朗さんがテレビで放映されていた。 83才で主演を演じる舞台の稽古の様子でした。 自分のセリフは全て暗記し、共演者のセリフまでも覚えておりました。 脳を鍛えるために円周率を千桁まで、アフリカの国の名前を書きだして覚え、 毎日一万歩を目標に歩き、ベランダで日光浴をするのが日課だそうです。...
会長便り · 2021/05/26
 少年の頃読んだ、ホーソンの短編『人面の大岩』を思い出しました。 アーネスト少年は貧しい小さな村で生まれ、その村で成長してゆきました。 村のはずれに人の顔をした大きな岩がありました。 村には昔から言い伝えがあり、いつかこの谷にあの人面の大岩とそっくりな顔をした 立派な人が現れるとお母さんから聞かされていました。...
会長便り · 2021/02/27
夏の暑い日に草刈りをしていましたらめまいがして倒れそうになりましたので いつも通っている宮千代内科クリニックへ行きましたところ、仙台やまと町脳外科クリニックを紹介されました。 初めての病院で、熱の検査と問診票に記入してしばらく待たされました。 たいへん混んでいました。...
会長便り · 2020/11/13
アメリカにおける黒人差別が大きなうねりとなっている。 先日も母親の目の前で黒人青年が射殺された。 白人(WASP)は彼らと異なる人種を同等の人間とみなしていない(白人至上主義)。 先の大戦下で敵国である日本人は砂漠に隔離され、同じ敵国のドイツ人にそれはなかった。 広島と長崎に投下された原爆も二種類の爆弾であり、実験の一面があった。...
会長便り · 2020/09/25
アイヌ文化発信施設「ウポポイ」(民族共生象徴空間)が北海道白老町で始動した。 この新聞記事を読んでアイヌの人々の自然と一体化した生き方が伝わってくる。 最近ではテレビでもウポポイの映像が流れています。(ウポポイはアイヌ語で歌うこと) その昔この広い北海道は、私たちの先祖の自由の天地でありました。...
会長便り · 2020/09/02
私が天才詩人金子みすゞと出会ったのは、『「ゆらぎ」の不思議な物語』という書物からでした。 著者佐治晴夫の衝撃は私の感動へと伝播しました。 東日本大震災の時のコマーシャルにも、みすゞの詩が繰り返し放映されていました。 また、私の好きな月曜日午後7時からのBS日本「こころの歌」でも、みすゞの詩が流れます。    青いお空のそこふかく、...
会長便り · 2020/08/18
風邪から始まって悪性腫瘍(癌)・心臓・脳・肺へと症状が進んでゆく。 生活習慣病も本人の自覚のない状態で始まり数年・数十年後には大切な命が奪われてしまう。 些細で症状のないような時こそ、今までの生活を見直すように問われているのです。 自覚症状の少ないうちに、体を動かし食事に気を付けて病をいやし、神の問いかけに答えて...
会長便り · 2020/07/25
ダボス会議で米セールスフォース・ドットコムマーク・ベニオフCEOは 我々の知っている資本主義は死んだと言った。富裕層と企業はもっと税金を納めるべきだ。 ガーファ=グーグル・アップル・フェイスブック・アマゾン:競争相手は同業と国家のみ。 タックスヘイブン:租税回避回避地  納税の不公平・税収の不足・競争の不公平・人材の無駄...

さらに表示する